Topics

【食育レポート】☆カブセンター神田店から食育通信☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小ベニ今月の食育は「だし活で美味しく減塩!」をテーマにしました。

「だし」を上手に活用することで、塩分をへらしてもおいしく食べられるということをお伝えしました。でも、「普段だしなんてとらないし」「だしとるの難しそう」といった意見もちらほら。

そこで!青森県の「だし活プロジェクト」から誕生した「できるだし」がお役立ち!

①魚介ブレンドのだしパック
だしの粉末をパックにしているので、煮だすだけで簡単に美味しいだしが取れます!
いわし、さばなどの魚介のうま味がブレンドしてあるので深い味わいになります。

②7種の野菜と青森ほたてのだし
青森県産の野菜を60%使用した野菜スープに青森県産のホタテのうま味を合体させた濃縮液体だしです。
バランスのとれた液体だしなので、汁物、煮物、炒め物など色々使える万能調味料!

③青森野菜ミックス
野菜のうま味で美味しく、さらに具材を手軽にふやす3種の青森野菜と国産玉ねぎで野菜摂取も向上!
汁もの、煮もの、麺類に、ひとつまみ!

今月はこの「できるだし」の幅広い使い方をご紹介!炊き込みご飯や濃厚スープ、炒め物など、様々なメニューを通して「できるだし」の使い方をご紹介。(⇒できるだしのご紹介)

だし活をご紹介

「こうやって使っても良いんだ!」「あっさりしてるけどおいしい」「簡単に使えて便利」などのお客様の声をいただきました!

だし活PRイベントの様子さらに、カブセンター神田店では三村青森県知事が「だし活PRイベント」で来店しました。
健活をPRする「マモルさん」や、ご存じ「決め手くん」と一緒に「だし活」についてPRを行いました。
イベントに伴い、売場も「だし活」一色!

 

神田店の食育は副店長の毛利さんを中心に、月替わりで色々な体験イベントを開催しています!

次回の食育大試食会もお楽しみに!

毛利さん
↑かっこよく撮れた毛利さん

関連記事