Topics

「編集部ブログ」つがりあんメロン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「つがりあんメロン」とは「津軽で生まれ、津軽で育ったメロン」という意味です。「アムさん」「ホームビレンス」「アーバンデリシャス」「スウィートルビー」「ハニーゴールデン」の5品種を総称して「つがりあんメロン」といいます。

青森県といっても広く、すべてを「津軽」というわけではありません。岩木山を中心に広がる津軽平野の一体を「津軽」といいます。青森県を真ん中で区切って左側(西側)といえばわかりやすいですね。

今回は、5種の中でもアムさんメロンのご紹介~。

メロン丸ごと

黄色い表面が目印

津軽地方でのみ生産される最高級メロン。

皮の色は黄色で、果肉部分は緑色。黄色くなればなるほど完熟度合いが進んでいることを意味します。お尻の黄色の度合いが深くなると食べごろだそうです。

果汁も多く良い香りがあり、糖度15%以上を誇る、甘くてジューシーなメロンです。

紅屋では、カブセンターやベニーマートなどでお中元ギフトにオススメしています。宅配で送る場合は、到着時にもぎたて食べごろのメロンをいただけるよう、時期を図ってお届けしているのです。2個入りのボックスでも販売しております。

津軽地方でしかいただけないお宝メロンなので、県外の方に送るとその「珍しさ」からとても喜ばれます。ましてや甘くてジューシーなおいしさなのですから、満足感も倍増です。

気をつけてほしいのは、食べごろのメロンを送るので、送り先の住所や連絡先を確認の上、メロンを受領するガイミングを事前に調整してほしいこと。宅急便の持ち帰りなどされてしまうと、食べごろを逃してしまいます。

ものすごくお世話になった方に、津軽地方限定の高級メロンいかがでしょうか。

 

 

関連記事