Topics

「編集部ブログ」紅屋のレジ袋はタダです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨今、スーパーで買物しても、会計時に店員さんがレジ袋をかごにいれてくれることはほとんどありません。お金を支払って、レシートをもらって、たんに買い物かごを渡されて終わり。

ピラピラレジ袋

ピラピラレジ袋

お客様は、マイバックを持参して袋詰めを行います。

環境問題を配慮した結果、なのか、実はコスト削減をめざす会社側の陰謀(?)なのか、スーパーはレジ袋を提供してくれなくなり、それが当たり前になってしまいました。

でも、紅屋はレジ袋はいまだ無料!タダなのです。
レジにかごをもっていき、お金を払うと、何もいわなくてもレジ袋がついてくる!!

カブセンター・ベニーマート・メガで慣れて、ほかのスーパーにいこうものなら、マイバックを持参するのを忘れてしまいます。

筆者も、カブセンターを利用するようになって、マイバックを持ち歩かなくなったので、マイバックはたんすの肥やしと化してしまいました。押入れの奥深くに冬眠させています。

レジ袋ってもらうと便利ですよね資源ごみのときに(缶とかビンとかに)利用できるし、家庭内のゴミ箱の回収袋でも活躍できるし、筆者は生ゴミ袋でも利用しています。

世の中からレジ袋がなくなって、購入するようになったのは、資源用・生ゴミ用のゴミ袋でした。なんか、結局余計なゴミ袋を買わなければならないのだから、エコとは関係ないんじゃないの?というのが、筆者の感想です。

レジ袋のようなプラスチック系袋の消費量は変わっていないのではないか、と思っております。

紅屋では、贈答用の包装紙と提供する紙袋もなんとタダ!海外では、包装するために、包装紙などの手数料やサービス料を払わなくてはならないのです。でも紅屋はタダです!!

レジ袋とか高くはないんですけどね。レジのとき、何もいわずともレジ袋を提供してくれる、っていう便利なサービスは、お金には安さとか高さとかには関係なく、うれしいサービスだと思います。

いまだ、紅屋の店舗を活用されていないお客様、紅屋ならではのオリジナルサービス、「レジ袋無料」をぜひご体験くださいませ。紅屋をご愛顧くだっているお客様は、引き続き紅屋が運営するカブセンター・ベニーマート・メガをどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

関連記事