Topics

「編集部ブログ」ダイエット⑥ コバンザメのように・・?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「水泳」「ヨガ」と続けて、最後にトライしたのが「ジョギング」

有酸素運動の代表格で、ダイエットで脂肪を燃やすのに最も効果があると言われています。長時間にわたって体を動かし続けるので、多く酸素を取り込み、脂肪が燃焼させることができます。

硬水の代表といえば「エビアン」

硬水の代表といえば「エビアン」

昨今の調査では、長時間ジョギングを続けるのではなくて、30分おきぐらいに休んで、また続ける方が脂肪の燃焼が早いとも言われていますね。

さて、筆者は、2009年に一度ジョギングのトレーニングを始めるも挫折しています。そもそも、マラソン大会に出るなんて夢のまた夢というくらい、走るのは遅く、持続力もなかったからです。学生時代も運動部に所属していたわけではありませんでした。

再開したのは、翌2010年の夏。コミックエッセイに触発されて、また公園に走りに行きました。そのとき、運命の出会いがあったのです。

30代くらいの男性が、ゆっくり公園の外周(2キロ)を走っていました。その人の後をコバンザメのようについていったのです。歩いているのではないか、と言うくらいのペースで走ってくれたので、1キロは軽く越えることができました。2キロも通過し、1周完走、このときのヨロコビは忘れられません。

「私、2キロも続けて走れた!」という勢いで、2周目までついていきました。3周目はついていけず、へばって歩いてしまいましたが、4キロ走れたということが自信につながりました。初心者の壁を乗り越えた瞬間でした。

その後も、同じ公園に走りにいっては、4キロ(外周2周)を走るようにしていました。平日は3キロ、休日は4キロと、大体週2回ぐらい走るようにしていたかと思います。2ヶ月続けられたとき、自信がまた膨らみました。

ジョギングのグループトレーニングが東京千代田区の皇居にあるというので、2010年10月ごろ参加しました。皇居の外周は1周5キロ。関東付近のランナーにはおなじみのジョギングコースです。皇居を走るというのは、すごくかっこよくて、プロフェッショナル的な香りがしたものでした。

ラジオ局が主催するジョギングの講習会もあって、タレントでも活躍している医者やアスリート、ラジオのパーソナリティが集まって、いろんな情報を提供してくれました。講演会の後は、皇居を1周するというトレーニング企画もついていました。

当店オススメ「スプレータイプ」

当店オススメ「スプレータイプ」

面白そうだったので、自分の実力を測るために参加、たくさんの女子ランナーたちと出会いました。走りこんでいる人もいれば、そんなに熱心ではない人もいて、初心者でも気軽に参加できる企画だったと思います。講習会には、皮膚科の女医さんの講演もあって、「日焼け止めを塗って、水分をこまめに取りながら走る。水はエビアンがベスト」なんてことを教えてくれました。

講演会の後は、いよいよトレーニング開始!初めての皇居ランはきつかったです。一緒に参加してくれた女子ランナーたちの「がんばれ」という掛け声が励みになりました。普段はうっとうしいな、と感じる言葉だったけど、「がんばれ」っていわれると、うれしいこともあるのですね。

ゴールに着いたとき、人の優しさと自分の努力が実って、じーんと感じるものがありました。

走り終わった後は、一歩も歩けず、もう1周走るなんてとんでもないと思ったものです。ヘトヘトに疲れていたけれど、どこか充実感を感じながら帰路に着きました。走り始めて3ヶ月を経過するころ、自分の考え方が変わったときでした。

それから6年、ずっと走り続けています。そして、肉体が、血液が、習慣が変わっていくプロセスをみることができました。

【続】

ダイエットは連載してお届けしております。バックナンバーは以下をごらんください。

ダイエット① 胃をカエル?
ダイエット② ハジメテの・・・。
ダイエット③ ナガカッタ、ダイエット
ダイエット④ 水泳のオトシアナ
ダイエット⑤ ヨガでカワル!?

関連記事