Topics

【コンシェルジュブログ】たまにパンを焼いています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金曜日のコンシェルジュブログです。
今日は私の趣味の話を一つ! 

私はパンを焼くのが好きです。
紅屋に就職する以前はほぼ毎日のようにパンを焼いておりました。
その好きが高じて紅屋のベーカリーに就職したくらいです(笑)

でもここ5年くらいは全く作らなくなっていました。

毎日のようにパンに触れることができるから欲求が満たされてしまっていたのでしょうね。

でも最近またあのパンの感触に触れたくなって、作りました!久々に!

よく手で捏ねてそれをバンバン打ちつけてストレス発散をされる方がおりますが(笑)

P1170214

お助けキャラHB

私の場合は捏ねる→1次発酵まではホームベーカリーにお任せです。

次にガス抜き→ベンチタイム→成形→2次発酵→焼成となるわけです。この順序を見てわかると思いますがパンを作るのってご飯を炊くよりもずっとずっと手間がかかるんです。でもだからこそ上手く焼けた時の喜びはひとしおなんですが。

 

P1170213

メッシュ型

今回作ったのはメッシュ型という型を使ったパンです。

この型はあまりパン屋さんではみかけませんが、パンを焼かれている方は一度は使ったことがあるのではないでしょうか。めずらしい型ですが、現在は青森でもWEBショップ(cuocaやmamaパン)などのお陰で、手に入らない型や材料は無いのに等しいですよね(^.^) 最近は紅屋をはじめスーパーマーケットでもパン材料、お菓子材料が随分豊富になりました。

画像 109

外側はカリッ

この型で作るパンの良い所はなんと言っても形が可愛いところ★

画像 113-1

中はしっとり~

外側も可愛いのですが、中の生地に抹茶カボチャ紫いもなどのパウダーを練りこめば色合いもとっても良い感じになります。

次にメッシュ型なので外側がカリッと中はしっとり仕上がるところなんです

2週続けて作ったんですが、1週目(かぼちゃ)は暑かったので発酵が進みすぎて少しキメが荒くなってしまいました。次は発酵具合に気を付けなければいけません(発酵ってむずかしい)。

「抹茶と大納言のうずまきパン」

画像 147今回は上手くいきました。
焼き立てのパンって幸せを感じます。

忘れかけていた感触を取り戻しつつ
また自己満足のパンを作ろうと思います!

レシピを載せておきますので興味のある方は是非
作ってみて下さいね。

レシピはこちらです。

【コンシェルジュレシピ】抹茶と大納言のメッシュパン
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
メッシュ型を使ったおしゃれなパン
【コンシェルジュレシピ】抹茶と大納言のメッシュパン
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
メッシュ型を使ったおしゃれなパン
分量: 本分
材料
作り方
  1. 抹茶と鹿の子以外をホームベーカリーに入れ1次発酵まで設定し、8分前になったら生地をサッと取り出し2分割にして抹茶を水に溶いたものと片方の生地をHBに戻しこねを終了させる。(もう一つはぬれ布巾をかけておく)
  2. 布巾をかけておいた白い生地も戻し入れ1次発酵を開始させる。 この時生地同士がくっつかないようにスケッパーなどで仕切ります。
  3. 1次発酵が終わったら生地を取り出し15分ベンチタイムを取ります。
  4. ベンチタイム終了後、メッシュ型より少し小さめに生地を伸ばし、白い生地の方に鹿の子を1/2を敷く。敷いたら抹茶生地を白い生地の上に重ねます。
  5. 抹茶生地の上にも鹿の子を敷き、重ねた生地を手前からクルクル巻いて綴じ目はしっかりと閉じます。
  6. 油を塗ったメッシュ型に入れて蓋を閉め、型の7分目くらいまで 2次発酵をとる(この時過発酵に注意です。夏場は40分位) その間にオーブンを200℃に余熱し、2次発酵が終了したら40分ほど焼きます。
  7. 焼き上がったら、すぐにショックを与え型から外し網の上で冷ましてからカットします。

 

 

 

関連記事