Topics

「編集部ブログ」ジミだけど、オトクなベニエコって?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紅屋は、スーパーマーケット・ドラッグストアのイメージが強いですが、じみ~に社会貢献活動もがんばっています。

「夏の交通安全」フェア開催や青森県と共同で推進する地産地消活動への参加、青森県産商品のPRなどを行うことで、地域社会への貢献活動を行っているのです。

もちろん、社会貢献活動の一環として、エコ活動にも参加しております。ホームページ上、紅屋が支援しているエコ活動を「ベニエコ」と名づけております。

エコプラザのポスター

エコプラザのポスター

「ベニエコ」の3本柱として主に3つ。

エコプラザ
リサイクルバザー
リサイクルポイントシステム

すべての店舗で提供しているわけではありません。

エコプラザは、カブセンター弘前店、カブセンター神田店、ベニーマート黒石店
リサイクルバザーは、カブ・シンフォニープラザ店、カブセンター長苗代店
リサイクルポイントシステムは、カブセンター柏店、カブセンター長苗代店

でそれぞれ導入しております。

エコプラザは、原則毎週土曜日10時から15時(黒石店は14時半まで)、各店舗の店頭で資源回収を行っているエコ活動です。社会福祉法人の方々が、新聞・雑誌・ダンボール・牛乳パック・アルミ缶・スチール缶・ペットボトル・トレイなどを回収しています。資源をお持ちより下さったお客様には、お買物割引券(1商品につき10%割引)1枚を差し上げております。

回収したものは、再利用のため専門の業者の方に再販されており、回収で得た利益は社会福祉法人の方のお給金になっています。アルミ缶・スチール缶などは他のものより高く引き取られるそうです。

資源ごみの回収は、週1か月2なので、このような機会にまとめて回収してもらうと家が片付きますよね。お買物割引券をもらえるので、さらに「オトク」。

リサイクルポイントシステムは、古雑誌・古新聞(1キロ以上)を店頭の専用計測器まで持込いただくと、BENIYAポイントカードのポイントが獲得できるシステムです。新聞は、あっという間にたまってしまいます。捨てるときは面倒ですが、ポイントにできるかと思うと、「オトク」感が楽しめますよね。

リサイクルバザーは、その名のとおり、古着、食器類、リネンなどのリサイクル品を格安で提供するバザーのことです。八戸地区の店舗で、10時から16時の時間帯でだいたい月1で開催しています。SNSやホームページ上で頻繁にお知らせしているのは、リサイクルバザーです。お買物がてらにバザーを覗けるというのも「オトク」感がありますよね。

こんな感じで、「オトク」感をじみ~ににじませながら、ベニエコ活動を推進しております。

紅屋が推進するベニエコへのご支援、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

関連記事