Topics

「編集部ブログ」十五夜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年の十五夜は、明日9月15日です。
十五夜は、別名「中秋の名月」とも呼ばれ、満月が秋の夜空を照らす美しい日です。

豊饒に対する感謝の意味をこめて、神様にお供えをささげる意味があるのだとか。中秋の名月と言えば、「月見団子」と「ススキ」ですが、「サトイモ」もお供えにささげるそうです。

「月見団子」

米で作った団子を15個ささげるのが慣わし。

sweet poteto

サツマイモでもOK

「サトイモ」

収穫の象徴のひとつとしてささげるそう。中秋の名月は、別名「芋名月」とも言うらしく、サツマイモをささげる場合もあるそうです。サトイモもサツマイモも蔓のある植物なので、神と人との縁をつなぐものとしてツルのあるものがささげられるようになったとか。

「ススキ」

神様の依り代としてささげられたそうです。稲穂の見立てで選ばれました。魔よけの意味もあるそうです。

筆者は、月見団子以外用意したことはありませんね。団子も神様にささげるものではなく、自分で食べるために購入していました。いろんなお団子が販売されるし、デパートやスーパーで特設売場も設けられるので、ちょっと覗いて買ったりしていました。

中秋の名月といえば、かかせないキャラクターが「うさぎ」。神様のお供えにはまったく関係ないのですが、中秋の名月とくれば、「うさぎ」という言葉が連想するくらい一般的です。紅屋のHP上のバナーにも登場しています。

tei%e5%8d%81%e4%ba%94%e5%a4%9c%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

元の由来は、仏教の説話らしいのです。

神様にお供え物を用意しようとしたところ、生き物たちが食べ物をお供え物を用意したのですが、うさぎだけはお供え物を用意ことが出来ませんでした。

そこで、うさぎは、薪を持ってきて「神様に私をお供えとして供養しますのでお食べ下さい」と言って、火の中に飛びこんで死んでしまいます(かわいそう過ぎる!)

そしてうさぎは生まれ変わってお月さまの中にいるとされたそうです。

月見ではなくて串団子を食べてしまいます。

月見ではなくて串団子を食べてしまいます。

筆者に言わせれば、そんな状況に追い込んだ「神様」って、殿様みたいで嫌なヤツって思ってしまいます。1匹だけ月に送られても、寂しいだろうし。

月とウサギのコンビは、見た目がかわいいので、これ以上のツッコミは閑話休題(さておき)

お月見のご準備、カブセンター・ベニーマート・メガでご用意ください。

 

 

 

関連記事