Topics

「編集部ブログ」ダイエット⑩ 断食、その後?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

断食後、食生活を変えることにしました。

nori

朝食の定番「のり」

朝食は、いつもパン食だったのですが、ごはん食に変更しました。
おかずの量がわからず、普段の朝食よりも多くなってしまったようです。
いつもよりおなかいっぱいになってしまい、消化が悪くなってしまいました。

昼は普通に食べ、夜はにんじんジュースとちょっとしたつまみに抑えることにしました。

夕食を食べないでいるから楽かとおもいきや、パン食よりも食べている量が多いせいか、胃で消化し切れない状態が起こってしまいました。常に満腹状態になってしまい、なんとなく消化しきれない感じが残る、そんな生活が4,5日続きました。

断食のため、胃袋が小さくなってことも要因でしょうね。
食べて消化できる量が圧倒的に少なくなっていたようです。
一食抜いただけでは、減量が少なかったのでしょう。

また、極度の便秘にも陥ってしまいました。
消化しきれず、おなかが張ってしまう状態です。

卵とトウフが一気に取れる

卵とトウフが一気に取れる

あまりにもひどいので、お休みの日に食べる量をさらに少なくしました。
果物のような消化に良いものを積極的に食べるようにしたのです。
それで少しは楽になったのか、胃がすこし動くようになりました。

断食を経験して、その後の食生活をふりかえって、食べないことの意味を知ったような気がします。

人って食べなくても1週間くらいは生きていられるんですよ。でも、飢餓の時代の記憶が体に染み付いていて、「食べないとダメ」と思い込んでいるのだそうです。

動物は、怪我をするとしゃべらず、動かずじっとしていることが多いそうです。食べると消化にエネルギーを使うので、治癒のために体力を温存するのだとか。

断食を勧める先生は、「人がイキナリ倒れて死ぬのは、モノを食べたからだ」と教えてくれました。食べ過ぎると、栄養の過剰摂取で血液が汚くなり、そのせいで血管が詰まっておかしなことになるのだそうです。

朝からキムチもたべちゃいます。

朝からキムチもたべちゃいます。

ちなみに、その先生は、朝は野菜ジュース、昼はなし、夜はつまみとビールで、1日1食で過ごしているのだそうです。朝は無理に食べないほうがいいとアドバイスしてくれました。

食べないほうが健康にはいいそうです。ちょっとおなかがすいているときのほうが勉強とか仕事とかははかどりますね(食べると眠くなる)。

そういえば、祖父も昼食でハンバーグをいただいた後、いきなり倒れて亡くなったのでした。このまえ、突然亡くなった芸能人の方も、昼食で中華をいただいた後、少し歩いたら倒れて亡くなっていましたね。

食べ過ぎない、胃袋を小さくするダイエットって、本当に健康には必要なことなんですね。少しずつ食の量を減らし、一日2食でもいいようにがんばって食生活を変えていこうと思います。

【続】

ダイエットシリーズは連載してお送りしております。

ダイエット① 胃をカエル?
ダイエット② ハジメテの・・・。
ダイエット③ ナガカッタ、ダイエット
ダイエット④ 水泳のオトシアナ
ダイエット⑤ ヨガでカワル!?
ダイエット⑥ コバンザメのように
ダイエット⑦ 体がカワル!?
ダイエット⑧ メをカエル
ダイエット⑨ 断食

関連記事