紅屋の食育

befe

紅屋の食育を推進する、プロフェッサーSugiのご挨拶

当社は、社是「日々のくらしをより豊かに」のもと、ハレの日を中心にイベントや体験会を行い、「食」について楽しく学ぶ機会を設けてきました。また2003年からファイブ・ア・デイ協会に入会し、地域の子供たちを対象に野菜の摂取向上をよびかけてきました。
そのような背景のもと、2011年本格的に食育活動をスタートさせ、食育コミュニケーターを中心として食育大試食会を開催。食育の日には、食の楽しさ・大切さから、バランスメニューの提案はじめ、青森県の健康課題である減塩提案や野菜摂取の向上を呼び掛け、食に対する興味を引きだします。
食育コミュニケーターは、その名前のとおりコミュニケーションを通して様々な提案を行います。一対一のコミュニケーションから地域とのつながりを醸成し、地域のコミュニティづくりに貢献していきます。
我々はこれからも、生産者から食卓まで大切に食を届けること、食で人をつなぎ地域の縁を深めることを通じて、豊かな食を提供し続けます。

tmkh
・ 野菜を1日350g以上食べよう。
・ 適塩(程よい減塩)を心がけよう。
・ 1日約15分運動しよう。

befewe