トピックス

【食育レシピ】菜の花ちらし寿司

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年2月に紹介された食育メニューです。このレシピでは卵を使用しています。

菜の花のちらし寿司
菜の花のちらし寿司
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
ひな祭りに最適
菜の花のちらし寿司
菜の花のちらし寿司
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
ひな祭りに最適
分量: 人分
材料
食材
すし飯用
煮汁用
錦糸卵用
作り方
  1. 菜の花は、塩(分量外)を加えた熱湯で色よくゆで、冷水にとってから水けをしぼる。茎の部分(下から約3~4㎝程度)は混ぜ込み用として4~5㎜長さに切る。残りの部分(葉先)は盛り合わせ用として3~4㎝長さに切る。
  2. れんこんは皮をむいて薄いいちょう切りにし、軽く水にさらしてから水けをきる。にんじん、しいたけはせん切りにする。鍋に野菜を入れ、煮汁用の調味料と水を加えて中火~弱火で野菜が柔らかくなり汁けがなくなるまで煮含め、火を止めてそのまま冷ます。
  3. かまぼこは他の具材に大きさを揃え、棒状に切る。
  4. 卵は割りほぐし、錦糸卵用の調味料を加えて混ぜ合わせ、熱したフライパンにサラダ油を薄く敷いてから卵液を流し入れて焼き、薄焼き卵を作る。粗熱がとれてからせん切りにして錦糸卵を作る。
  5. 炊き立てご飯にすし酢を一気に回しかけて手早く切るように混ぜてから、1の菜の花(混ぜ込み用)と2と3、ごまを加え、さっくりと混ぜ合わせる。
  6. 皿に5を盛り、錦糸卵を散らし、菜の花(盛り合わせ用)を飾り、でんぶを散らす。お好みで甘酢しょうが添えて仕上げる。
レシピのメモ

ひなまつりにぴったりのメニューです。菜の花はゆで過ぎないように注意し、緑鮮やかに仕上げましょう。

雪の下にんじんは、甘みたっぷりの冬限定オリジナル商品です。紅屋では、カブセンターの産直コーナーでお求めいただけます。これを機会にぜひトライしてみてください。

関連記事