Topics

【食育レシピ】けの汁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このレシピは、2013年9月に紹介された食育メニューです。大豆を使用しています。

けの汁
けの汁
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
投票: 1
評価: 4
あなた:
レシピを評価してください。
青森県のご当地グルメ「けの汁」をつくってみよう。
けの汁
けの汁
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
投票: 1
評価: 4
あなた:
レシピを評価してください。
青森県のご当地グルメ「けの汁」をつくってみよう。
分量: 食分(椀)
材料
食材
調味料
作り方
  1. 高野豆腐をたっぷりの水に浸してもどす。こんにゃくは下ゆで、油揚げは熱湯をかけて油抜きをする。
  2. ごぼうは皮をこすり取り、5ミリ角に切って水さらす。
  3. にんじん、大根、しいたけ、下処理した高野豆腐、板こんにゃくは5ミリ角に切り、山菜は5ミリ幅に切る。
  4. 鍋にだし汁を入れ、2、3を加えて火にかけ、煮立ったらアクを除き、中火で野菜がやわらかくなるまで煮る。
  5. みそを溶き入れて味付けし、お好みの大きさに刻んだ大豆を加え、煮て仕上げる。
レシピのメモ

『けの汁』とは『粥の汁』が訛ったもので、米が貴重だった昔、山菜や野菜を米に見立て、細かく刻んで食べたのが始まり。小正月に嫁が実家に戻って骨休めしている間、家族のために大鍋に作り、里帰りしたともいわれています。

本来、材料として使用される食材は、手間のかかる「大豆やしいたけ、昆布などを含めた乾物、山菜などの塩蔵物等」を使用していました。塩蔵のわらびや干したゼンマイ等は塩抜きしたり、じっくりと時間をかけて水で戻し、大豆は一昼夜水に漬けて皮を取りつぶす。昆布は焼いて細かくするなどして、下準備をしていましたが、今は、水煮山菜や水煮または蒸し大豆、さらに調理しやすく加工した「けの汁用の大豆(ずんだ)」などが、ありますので、これらを上手に活用して我が家オリジナルの郷土料理を楽しみましょう。

けの汁はたくさん作って、毎日あたためなおして食べる『栄養たっぷり、主婦にもやさしいレシピ』です。

関連記事